天寿國繍帳銘文(復元)

天壽國繡帳簡介)

斯歸斯麻

宮治天下

天皇名阿

米久爾意

斯波留支

しきしまの宮(磯城嶋宮)に天の下治らしめしし天皇(すめらみこと)、名はあめくにおしはるき

比里爾波

乃弥己等

娶巷奇大

臣名伊奈

米足尼女

ひろにはのみこと(天國排開廣庭尊=欽明天皇)、そが(蘇我)の大臣いなめ(稲目)の足尼(すくね/宿禰)がむすめ

名吉多斯

比弥乃弥

己等爲大

后生名多

至波奈等

名はきたしひめのみこと(堅鹽媛命)を娶りて大后(おおきさき)となし、名はたちばなと

已比乃弥

己等妹名

等已弥居

加斯支移

比弥乃弥

よひのみこと(橘豐日尊=用明天皇)・妹(いも)名はとよみけかしきやひめのみ

己等復娶

大后弟名

乎阿尼乃

弥己等爲

后生名孔

こと(豐御食炊屋姫尊=推古天皇)を生みたまいき。また大后が弟(おと)名はおあねのみこと(小姉命)を后となし、名はあな

部間人公

主斯歸斯

天皇

子名蕤奈

久羅乃布

ほべはしひとのひめみこ(穴穂部泥部皇女)を生みたまいき。しきしまの天皇が御子、名はぬなくらのふ

等多麻斯

支乃弥己

等娶庶妹

名等已弥

居加斯支

とたましきのみこと(渟中倉太珠敷尊=敏達天皇)、庶妹(ままいも)名はとよみけかしき

移比弥乃

弥己等爲

大后坐乎

沙多宮治

天下生名

やひめのみことを娶りて大后となし、おさたの宮(譯田宮/他田宮)に坐(いま)して天の下治らしめしき。名は

尾治王多

至波奈等

已比乃弥

己等娶庶

妹名孔部

尾治王(おはりのみこ)を生みたまいき。たちばなとよひのみこと(橘豐日尊=用明天皇)、庶妹(ままいも)名はあなほべ

間人公主

爲大后坐

瀆邊宮治

天下生名

等已乃弥

はしひとのひめみこを娶りて大后となし、いけのべの宮(池邊宮)に坐しまして天の下治しめしき。名はとよのみ

弥乃弥己

等娶尾治

大王之女

名多至波

奈大女郎

みのみこと(豐聰耳皇子=聖徳太子)を生みたまいき。尾治王がむすめ、名はたちばなの大女郎(おおいらつめ)を娶りて

爲后歳在

辛巳十二

月廿一癸

酉日入母

孔部間人

后となしたまう。歳(ほし)辛巳(かのと・み)にありし十二月二十一(日)癸酉(みずのと・とり)の日のくれに母の孔部間人

王崩明年

二月廿二

日甲戌夜

半太子崩

于時多至

王(あなほべのはしひとのみこ)崩(かむざ)りましぬ。明くる年の二月二十二日甲戌(きのえ・いぬ)の夜半に太子崩りましき。時にたち

波奈大女

郎悲哀嘆

息白畏

前曰敬

之雖恐懐

ばなの大女郎、悲哀(かなしび)嘆息(なげき)して白(もう)さく「畏(かしこ)き天皇が前に曰(い)いて敬(もう)すはこれ恐れありといえども、懐(おも)う

心難止使

我大皇與

母王如期

從遊痛酷

无比我大

心止(や)みがたし。わが大皇(おおきみ)と母王(ははのみこ)と期(ちぎ)りしが如く從遊(じゅゆ)せしめたまう。痛く酷(から)きこと比ぶる無し。わが大

王所告

間虚假唯

仏是真

味其法謂

我大王應

王の告げたまいしく『世間は虚假(こけ)にして、ただ仏のみこれ真なり』と。その法(のり)を玩味(あじわ)うに、わが大王は

生於天壽

國之中而

彼國之形

眼所叵看

悕因圖像

天寿國の中に生れたまうべしと謂(おも)えり。而(しか)るに彼の國の形は眼に看(み)叵(かた)き所なり。悕(ねが)わくは図像によりて

欲觀大王

往生之状

天皇聞之

悽然告曰

有一我子

大王が往生したまう状(かたち)を觀(み)んと欲(おも)う」と。天皇これを聞こしめして悽然として告げて曰く「わが子ひとり有り。

所啓誠以

爲然勅諸

采女等造

繍帷二張

畫者東漢

啓(もう)す所は誠に然なりと以爲(おも)う」と。勅して諸の釆女(うねめ)らに繍帳二張を造らしむ。畫(えが)ける者は東漢(やまとのあや)の

末賢高麗

加西溢又

漢奴加己

利令者椋

部秦久麻

末賢(めけ)、高麗(こま)の加西溢(かせい)、また漢(あや)の奴加己利(ぬかこり)。令者(つかさひと)は椋部(くらひとべ)の秦久麻(はたのくま)なり。

 

【相關閱讀】

 

聖德太子簡介  

 

憲法十七條(聖德太子)  

 

聖德太子墓的「廟窟偈碑」(西方三聖的化現)  

 

聖徳太子二歳像(南無佛太子像)  

 

聖徳太子孝養像  

 

聖徳太子攝政像  

 

聖德太子年表

 

上宮聖徳法王帝説(聖德太子傳)(古代史 1) 

 

天壽國繡帳銘文(世間虛假,唯佛是真)(古代史 2) 

 

七代記(聖德太子傳)(古代史 3) 

 

上宮皇太子菩薩傳(聖德太子傳)(古代史 4) 

 

上宮聖德太子傳補闕記(聖德太子傳)(古代史 5) 

 

聖徳太子傳暦(聖德太子傳)(古代史 6) 

 

上宮記(聖德太子傳)(古代史 7) 

 

 

 

 

創作者介紹

活在恩海裡

彌陀子 發表在 痞客邦 PIXNET 留言(0) 人氣()