目前分類:良寬禪師 (1758-1831) (8)

瀏覽方式: 標題列表 簡短摘要
<良寛の書簡>  地震見舞い  (谷川敏朗著「良寛の書簡集」を参照)  
       
       
   山田杜皐宛て    
    地しんは信に大変に候 野僧草庵ハ何事なく  
    親るい中 死人もなく めで度存候  
       うちつけにしなばしなずてながらへて  
           かゝるうきめをみるがは(ママ)びしさ  
     しかし 災難に逢時節には 災難に逢がよく候  
    死ぬ時節には 死ぬがよく候 是ハこれ  
    災難をのがるゝ妙法にて候 かしこ  
                         良寛  
     
  應該遇到災難的時候遇到災難,是最好的,

應該死的時候去死,是最好的,

這才是逃避災難的最佳妙法。

   
       
       
   地震は1828年11月、三条市を中心にした地震で、死者1600余人を出した。書簡の相手は与板町の町年寄り山田杜皐  
  である。与板町でも、死者34人、信濃川堤防の亀裂などで大きな被害を受けた。  
   歌の意味は“突然死んだら良かったのに、なまじ死なないで生きながらえ、このような辛いありさまを見るのが悲しいことよ“  
  であり、「災難に逢時節には 災難に逢がよく候死ぬ時節には 死ぬがよく候・・ 」は良寛の自然順応の思想がよく表れている。  
   良寛は、大雪や台風や豪雨といった自然の猛威を、ただ一人でしのいできた。自然の威力も、ひたすら耐えておれば、やがては  
  過ぎ去っていく。まずい反抗は、かえって死を招くばかりだ。良寛は自己の体験を通して、そうした人生観を得たのかもしれない。  
     
     
   阿部定珍宛てにも同じ日に、次のような見舞状を出している。(下の良寛直筆の書簡参照)  
    先日大地震 世間一同の大変に候 野僧草庵ハ  
    何事もなく候  
       うちつけにしなバしなずてながらへて    
           かゝるうきめをみるがわびしさ    
    来春 寛々(ゆるゆる)御めにかけ申上度候 かしこ    
                           良寛    
       
   地震後、良寛は三条に行き、三条を現実に見て次の歌を詠っている。    
      ながらへむことや思ひしかくばかり 変はり果てぬる世とは知らずて   
      かにかくに止まらぬものは涙なり 人のみる目もしのぶばかりに   
      もろ人のかこつ思ひをとめおきて おのれ一人に知らしめむとか   
   と、深い嘆きにおそわれ、止めどもなく涙を流すのである。    
                                  (以上、すべて前掲著引用)    
     
           
   
   
   
   
   
   
   
     
     
 

 普通の人には、とてもこんな心境になれるものではない。こんなところにも良寛が超俗の人と言われる所以があるのだろう。 

彌陀子 發表在 痞客邦 PIXNET 留言(0) 人氣()

*良寬禪師(Ryokan Taigu, 1758–1831


彌陀子 發表在 痞客邦 PIXNET 留言(0) 人氣()

良寬禪師(1758-1831)簡介 1 

良寬禪師(1758-1831)簡介 2 

 

彌陀子 發表在 痞客邦 PIXNET 留言(0) 人氣()

 

良寬禪師(1758-1831)簡介 1  

良寬禪師(1758-1831)簡介 2 

彌陀子 發表在 痞客邦 PIXNET 留言(0) 人氣()

 

良寬禪師(1758-1831)簡介 1 

 

彌陀子 發表在 痞客邦 PIXNET 留言(0) 人氣()

1. 良寛様の全俳句 

2. 良寛全句集

Terebess Asia Online (TAO)

彌陀子 發表在 痞客邦 PIXNET 留言(0) 人氣()

良寬禪師(簡介)1.JPG 

良寬禪師(1758-1831)簡介 1   

良寬禪師(1758-1831)簡介 2 

彌陀子 發表在 痞客邦 PIXNET 留言(1) 人氣()

良寬禪師(簡介)2.jpg 

良寬禪師(1758-1831)簡介 1  

良寬禪師(1758-1831)簡介 2 

彌陀子 發表在 痞客邦 PIXNET 留言(1) 人氣()

找更多相關文章與討論