目前分類:小林一茶 (3)

瀏覽方式: 標題列表 簡短摘要

小林一茶3.jpg  

小林一茶1763-1827)65歲

地點:信濃国水内郡柏原村(長野県上水内郡信濃町大字柏原)

彌陀子 發表在 痞客邦 PIXNET 留言(0) 人氣()

一 茶 発 句 全 集

長野郷土史研究会 小林一郎編

2005年8月14日更新

小林一茶は生涯に約二万の発句を残している。これらを季語によって整理した全集には、『一茶全集』第一巻(1979年刊)がある。しかし、その後も 『一茶発句集 続篇』の登場など、新資料の紹介が相次いでいる。一方『文化句帖』『七番日記』などの句稿も、その後自筆本によって読み改められている。こうした成果を踏 まえた新しい一茶発句全集が必要になっている。そこでインターネット上に『一茶発句全集』を構築することにした。この全集は確定したものではなく、一茶研 究の進歩により補訂し続けていくものである。

彌陀子 發表在 痞客邦 PIXNET 留言(0) 人氣()

小林一茶.jpg  

小林一茶(1763-1827年,得年65),日本江時期著名俳句詩人。江時代(1603-1867年,265年),指由江幕府(德川幕府)所統治的時代。江,是東京的舊稱。1869年(明治2年)日本天皇和維新政府從京都移駐江,並將江改稱為東京。

俳(ㄆㄞˊ)句,日本短詩,以五五共三句十七音組成。原為「俳諧連歌」(由一組詩人創作的半喜劇連結詩)的首句,稱為「發句」。俳聖「松尾芭蕉」(1644-1694年)以後成為獨立的表現形態,至明治時代正岡子規(1867-1902年)改稱為「俳句」。句中常出現季節性的用語。

彌陀子 發表在 痞客邦 PIXNET 留言(0) 人氣()

找更多相關文章與討論